忍者ブログ

小カブ日和。

夜の空のした行進曲。

[PR]

2017/06/28 (Wed) -

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


夕焼けが夜空になって、ときどき、香川キャンプツー(帰路)。

2008/10/17 (Fri) - 香川庵治キャンプツーリング。

今さっき。
カブ丸さんからお借りしていた飯盒を、濱くんに渡しました。
濱くんから、カブ丸さんのもとへ、返されます。

やっと。
全部が終わった気がする。

そして。
レポも、これが最終回です。

4日間に分けて書きましたが、全然足りない。
でも、それも全部ひっくるめて、レポ完結。

長々とお付合いいただきまして、ありがとうございます。


それでは、ラスト!!
どぞ!!!


14:50くらいかな、高松港到着!!
連休最終日とあって、車もバイクも、とってもいっぱい。

指示された場所に、カブを停めて。

時間あるし、ちょっとターミナル行きましょ、maniさん!!

とっことっこ。
お土産とか売ってますかね~。
ありますよね~、きっと。
買いますか~?
なにがあるんでしょうね~。

のんびり、ガラスのドアを押します。

貼ってある紙を、なんともなしに、見ながら。

フェリー終了のお知らせ。

ふうん、休航か~。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・え。
ma、maniさん!!!!

2人でドアの前にフリーズ。

急いでオツさんを呼びます。
いつもどーり、のんびりやってきたオツさんも、フリーズ。

これ、乗船予定のヤツですよね??
帰れないんじゃないでしょうか!!?

とか言いつつ。
頭の中では、既に計算開始。

次の便が、うんうん。
神戸に着いて、この時間で、うんうん。
じゃあ、すっとばして帰って、4時間寝て、出勤。
ついでに、フェリーでしっかり寝れたら。

いける、なんとかなる!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・と。
どうやら、この『休航』情報は、土曜日(10/11)のものだそうで。
2日前の『本日』ですか。
貼りっぱなしとか、どうよ!!?

予定通り、アタリマエですが、フェリーに乗れました。

計算、ぱー。

まあ、取り越し苦労でよかった。
本当に欠航だったら、翌日ぐったり決定だし。

フェリーは、どこを見ても。
ひと、ひと、ひと。
にんげん、いっぱい。

場所取り、必死です。

なんとか座って。
安心したせいか、一気に疲れがどっかん。

ああ。
なんか散々言われてる・・・・・・・。
うう。
言い返す気力もない・・・・・・・・・・・・。

なんと、同じフェリーに、オカダさんも乗船されていて、合流。
どもども、数時間ぶりです。
ぐったり風味三次です・・・・・・・・・・、うう。

お菓子をちょっとつまんで。
なんともない話をして。

みんな、どことなく、目が虚ろ。
やっぱり疲れてるんだなぁ。

客室があまりに暑く、上せたので、デッキへ。

ちょうど、日が沈む時刻。

船上の、夕焼け。

海の向こうの、昨日今日といっぱい楽しんだ四国に。
日が落ちる。

みんなは、どこでこの夕焼けを見てるのかな・・・・・。

ちょっとうとうとしてるうちに、すっかり真っ暗。
今どのへんなんだろう・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ!!

明石海峡夜景大橋。

ライトアップされた、明石海峡大橋!!
明石や淡路島の夜景も、すっごくきれい!!

ん?
頭が起きてきた気がする。

降りたら、神戸。
すぐ、R43!!!!

完全に復活です。
ぐったりもどこへやら。
走れることに、もう、わくわく。

待ちきれなくて、荷物をまとめてカブのところへ。
hitoshiさん、だてさんも、帰路へ向けて準備。

まあるい、船独特の窓を見つけて。
必死でしがみついて、外を見ると。

まあるい窓から、まあるい月が。

月。
あんなに明るく!!!

きっと、気持ちよく走れる!!!

フェリーが着岸して、けっこう、しばらく経って。
やっと下船できました。
車もトラックも多すぎ・・・・・・・・・・・・。

明石のだてさんは、港を出たら左折。
他は、右折。

またねーーー!!!!

右折組は、最寄スタンドで給油して、そのまま解散。
のんびり給油してたので、みんな先に出発。

お疲れ様でしたーーー!!!!

20:00過ぎ、スタンド出発。

・・・・・・・・・・・・・・・・・さくっと、追いつく。
オツさん、maniさん、オカダさん、また遊んでくださいね!!!

スルリ、と、左側を抜けて。

教授さん、hitoshiさんに、追いつく。
せっかくなので、お二人がR171への左折をするまで、一緒に。

どこで、曲がるんだろう。

やたらミラーで後ろを確認。
まだいる、うんうん。

と。
真ん中の直進レーンへ、あたしが。
左側の左折レーンへ、教授さんとhitoshiさんが。

見えるかわからなかったけど、手を振りました。
じゃあ、またーーー!!!

さて、と。
って、あれ??

レブルでブチ抜いてった濱くんがいる。
追いついた、のか?!

その後も、追いついて、引き離されて、を繰り返して。
ついに原付走行不可の、高架道路まで。

じゃあ、ね!!
たぶん、そのうちに!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・ひとりぼっち。

もう、帰る、だけ。

R43

R25

何時に帰れるかな。
レポ1こくらいは、書けるといいな。

R170

21:47、ただいま。

キャンプからただいま。

帰ってこれた安堵感と。
終わってしまった寂しさと。
眠気と疲労と、なによりの達成感。

楽しかった2日間は、でっかいなにかを残していきました。
きっとこれから。
このなにかが、自分の糧になると思います。

企画してくださった、オツさん、熊さん、オカダさん。
本当にお疲れ様でした。

参加されていたみなさま。
いろいろお世話になりました。

見送りに来てくれた、カブ丸さん。
魂だけ参加の、ばばさん。
来れなかった方も、含めて。

みんなみんな。
ありがとうございました!!!!

香川庵治キャンプツーリング。

熊さんチームが写ってなくて、すみませんです・・・。
PR

快晴、ときどき、香川キャンプツー(四国離陸まで)。

2008/10/16 (Thu) - 香川庵治キャンプツーリング。

あんなに楽しかったのに。
もう、こんなにも『過去』になっている不思議。

文字にして、文にして。

忘れないように。
忘れるわけないけど。
忘れないように。

客観的に書こうとすればする程。
思い出して、ニヤニヤして。
気付けば文章は主観だらけ。

いいかなぁ。
こんなレポで、いいのかなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・いっか!!!!

では!!
2日目の朝から夕方までの、記憶の記録。
どうぞ!!!



寒かったり、暑かったり。
眠りは、深く、浅く、ときどき、目が覚めて。

を繰り返して、朝。

何時かな・・・・・・・・・・・・・・・・・、5:57?!
平日と同じじゃないか!!

まあ、いいや。
人の声もするし、起きちゃえ。

maniさんを起こさないように、静かにテントを出ます。

けっこう、起きてる人がいる。
おいしいにおいもする。

ささっとシャワーを浴びて。

おはよーございますー!!(小声)

あ。

そういえば。
チャリダーのマツゲンさんは、真夜中に出発したんだ!!
・・・・・・・・・・・・・ご挨拶、しそびれてしまった・・・・。
申し訳ありません。

反省しつつ。
半分寝ぼけ気味で、教授さんのインスタント味噌汁を奪う。

しみるねー。
あったかいねー。

KANさん、オツさんは、既に朝食の準備中。
目覚めたらごはん、って、すてきすぎるー!!!

コーンスープ隊。

KANさんから、コーンスープを戴き。

モーニングトースト。

青い人からは、ホットサンド(後、トースト形式)の配給をうけ。

いっただっきまーす♪(小声)

はぁー・・・・・・・・・・・・・・。
幸せー・・・・・・・・・・・・・・・・。

細胞がぷちぷちと、起きていく音がする。
朝って、こういうことかー。

朝ごはんつくり隊。

起きてきた方々も、いろいろ料理開始。

ぼんやり眺めながら、しっかり食べる。

濱くんの作った雑炊、シンプルでうまーい。
hitoshiさんの焼きおにぎり(甘ダレ味)・・・・・・・・・、う、うん。
無心でハムを食べるmaniさん、お、おはようございます。

でも、ゆで卵は食べ損ねた。
ぐぬーーー。

テントを片して、荷物をまた積んで。

ああ。
もう、ここから出るんだ。

なんとなく、いや、すごく、寂しい。

自然に円陣になって、KANさんが話し出す。

泣きそう。
いつか、また、どこかで、きっと。
今日は、その、再会に繋がる別れだから。
大丈夫、うん!!!!

熊さんチーム、KANさん、ヤマモトさん、オカダさん姉妹とは。
この、ここの、今、さよなら。

がっちり握手したKANさんの手が、すっごくひんやりしてて。
この方は、きっとものすごい熱い心を持ってるんだなぁ。
と、感動。

じゃあ、また!!
今日から続く、同じ空の下で!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ。

あの、坂。

先に出発したオカダ妹さんの、チャリを見守ります。

ノンストップで上っていくーーーーー!!!!!
すげーーーーーーー!!!!!

カブとか集団も、出発です。

どきどき。
こわい、こわい、頑張れZiggy!!!

なんとか上がれました。
ふーーーーーーー。

ここから、高松港へ。
やんさん、きゃんさん、タクトさん、マコトさんを見送りに。
関西圏外から来られていた方々は、10:45の便で帰路に着くのです。

どんどん、減っていく。
ああ、終わりが始まってる。

高松港に到着。
乗船手続きをして、名残惜しむように、みんなでしゃべる。

そして、4台のバイクが、フェリーに消えていって。
ああ・・・・・・・・・・・・・・・・・。

あ?
デッキに4人が!!!

これは、なんかやんなきゃ!!!

見送り隊、ウエーーーーブ!!!!
右から~、そして、左から~。

見送られ隊、ウケてる!!
よしッ!!!

ん?

見送られ隊も、ウエーブ返し!!?

わーーーわーーーーーー!!!!
笑いながら、ぶんぶん手を振って。

よーし。
昨日の、KANさんのアレを、この人数で!!!

見送り隊、エグ●イルのうねうねーーーーー!!!!

見送られ隊、うねうね返しーーーーー!!!

おもしろすぎるーー!!!
こんな楽しいさよなら、今まで絶対にない!!!

見送られ隊、暴走。

組体操の扇!!!
ピラミッド!!
・・・・・・・・・・・・・・ぴらみっど??

遠目で見えないけど、下の段って、少なくない?

濱くんが、デジカメでめっちゃズームして撮っていました。
そこには、そりゃあもう、ハッキリと写ってたのです。

4人の、最高の笑顔が!!!

そして。
ピラミッドで万歳するもちっこの、下の段はタクトさん1人だということも。

見送り隊も、笑って笑って。

こんなバイバイも、いいなぁ。

と思ってるうちに、出航。

またね、絶対に、またねーーーー!!!

笑いすぎて、涙目で手を振って、お見送り終了。
あー、おなかいたい♪

残ったのは。
オツさん、教授さん、hitoshiさん、maniさん、だてさん、濱くん。

それでは、うどんへ、GOOO!!!

山のふもとの、絶叫系急勾配な先の。
『わら家』、到着!!

わらやん。

入れ違いに、熊さんたちが出てこられました。
数時間ぶりの、お久しぶりです!!

注文は、食べてみたかった生醤油うどん!!!

あれ?
みんな、ざるとか、かまあげ??

キニシナイ、いっただっきまーーーーーす!!!

むにむに、あつあつ、おろしもきいてて。
うまーーーーーーーぁい!!!!

本場ってすごいなぁ。
『おいしー』なんてもんじゃなくて、『うまい』、だよ、『うまい』!!!

香川、大好き。

おなかもいっぱいになったので、また移動。

海の近くで、撮影会です。

海と空と、カブとレブルと。

お気に入りの、1枚を。

四国って、空が広いなぁ。
そして。
なにげに、Ziggy、センター。
ふふふ。

海好きには、たまらない場所です。
レンガ敷きっていうのも、いいかんじ、いいかんじ!!

ゆっくり撮影を済ませたら。
次は、高松港近くの、北浜alleyへ。

おっされな空間。
倉庫を改装した中に、雑貨屋さんや、カフェなどがあります。

おされすぎて、戸惑う。

こ、こういうとこ、あんまり来ないから、うん・・・・・・・・・。
天六とか、新世界とか、そういうとこしか、うん・・・・・・・・・・。
そもそも住まいの南大阪は、ガラ悪い地域で、うん・・・・・・・・・・・。

でも。
錆びた倉庫を眺めていたら、すっかりなごんでしまいました。
たんじゅーん。

きたはまありー。

カフェの席が空くまで、みんなでまた撮影会したり。
駐輪スペースにあったイスで、レベルの高い即興コントが行われたり。

のんびりした、こういうだらだら時間。
大好き。
待ち時間だってことも、忘れるくらい、楽しい。

コントのネタも尽きるか、というときに。
やっと席が開きました。

『umie』でお茶します!!

明るくて天井の高い店内は、くつろぎ度抜群。
窓側の席には、なんと双眼鏡もあって海を見れます。

席はほぼ満席。
客層は老若男女問わず。
観光客か、ジモティーか。
常連さんか、一見か。

いーなぁ、こういう空間。

北浜ブレンド、アイスで。

アイスコーヒーを飲みながら、またしゃべる。

24時間以上、行動を共にしているのに。
話題も、笑いも、全然尽きない。

1分1秒が惜しい。
たぶん、みんな同じ気持ちで。

もう、フェリーの時間が迫っています。
連休最終日。
きっと混む。

行かなきゃ。

高松港へ向かう途中。
Ziggyが、3,333kmを突破して。

このキャンプツーで、ゾロ目って嬉しいなぁ。

そんな記念も、お土産に。


最終回予告:フェリー休航のお知らせと、R43。
なんとか、5回でレポまとまるかな。

朧月夜、ときどき、香川キャンプツーレポ(配給、宴会、終了のお知らせ)。

2008/10/15 (Wed) - 香川庵治キャンプツーリング。

昨日から、参加された方々の日記を拝見しております。
みんなの抜け殻っぷり、すっごいなー。
いいなー、羨ましいなー。

あたしは連休明けに、現実の厳しさを嫌というほど味わっています。

隣の席の同僚、肺炎で入院。
担当営業、ヘルニア再発で休み。

仕事量が、2倍、いや、3倍!!!

追いつけません。
キレキレで業務をこなしております。
抜け殻にすら、なれませんでした。

余韻とか、大事だと思うのですよ。

でも。
レポは書きます、書きたいから!!!

それでは、今日の分を、どうぞ!!!!


今回のキャンプ地は、『太鼓の鼻オートキャンプ場』。
太鼓??
鼻???
そんなとぼけた名前から、想像できないキレイなところ。

無事着いた安心感で、ほわーっとしていると。
でっかいバイクが、スルリと集団の横へ。

熊さん、初めまして!!!

とっても重そうなバイクです。
ピッカピカです。
かっこいいです。

カブって小さいのなー。
まあ、リトルだけど。

キャンプ場は、3区画予約してくださっていました。
区画ごとに駐車スペースもあって。
1区画に1つ、流しまであって。
管理棟も、めちゃキレイで。
シャワーもあって。

なにからなにまで、整いすぎてる!!

すごいとこで、お泊りできるみたいです。
しかも、砂浜あるし!!!

とりあえず。
到着後、それぞれテント設営にかかりました。

夏の小栗キャンプでは、緑カブ3姉妹として、『川』の字で寝ましたが。
今回は、三女もちこがムヅカシイお年頃なのか、マイテントで。

・・・・・・・・・・・・・・・いいなー。

次女まにこと長女さんこ(長男説あり)は、また相テントで、また借り物で。
身長的にも、『い』の字決定。

マイテント、ほしー。

野営の準備が終わると。
お風呂へ行く方、ごはんの仕度をする方、それぞれ。

maniさんとやんさんは、町のほうまで戻ってお風呂ですか。
あたし?
やー、ここ、シャワーあるみたいだし、いいですよー。
(意味:あんな坂、ゼーーーッタイに上るもんか!!)

せっかくなので、残ったあたしは、カレーの準備。

じゃがいも、にんじん、たまねぎ。
切って、切って、・・・・・・・・・・・むう?
たしか、8月のキャンプの時も、野菜切り係りだったような??

そして。
カレーを作る、のは、オカダさん姉妹。

オカダカレー。

乙カレーは、もう、オカダカレーでいいと思います。

初めまして、の、オカダさん姉妹。
旅好きがこんな身近にいたら、楽しいだろうなぁ。
料理も手馴れてるし、すごいなー。

そうこうしていたら。
KANさんが、豚肉ともやしの蒸しものを!!!

配給、開始!!!!

お皿持って、フライパンへまっしぐら。
できたてアツアツを、いっただっきまーーーーーっす!!

うまーーーーーーい!!!
もやしって、こんなにうまかったのかーーーー!!!!!

これは、ごはん系に期待していいな!!

熊さんも、なにやらお料理開始。
なんだろー、わっくわっく。

教授さんは、たった1匹の貴重なベラを捌いて、焼き焼き。
うんうん、一口ちょーだいね。

あっちこっちでいいにおいがしてきて。
あっちこっちのコンロを行ったりきたり。

ごはんの準備。

もう、のーみそごはん一色。

基本、作るのは大好きですが、人の料理を食べるのも、大好き。

手際に見惚れたり、調理方法に勉強させられたり。

ということもなく。
ただただ、楽しみで楽しみで、どんどんお腹空いて。

焼けたベラを、一口。

ご、ごはん欲しいです!!!
塩加減、絶妙すぎ!!!
うまーーーーーーい!!!!

熊さん曰くの『前菜』、焼きそばいっただっきまーーす♪

酒飲んでいいですか!!!?
焼きそばに、サラミが合う!!!
山盛り食べたいです、うまいーーーーーー!!!

どんどこいろいろ出来ていき。
風呂組、買出し組み、熊さんのお仲間さんも、みんな揃って。

あ。
っという間に、宴会突入!!!

日も落ち、気温はどんどん下がっていきますが。
場は右肩上がりで盛り上がり。

暖ランタン。

指先の冷えなんて。
これで暖をとればいいじゃないか。

そして。

乙カレー。

満を持して、カレーも完成!!
肉、うんうん、入ってる!!!

うまーーーーーーい!!!
ごろごろ野菜(確信犯的に大きめ切り)と、ウインナー!!
炊きたてhitoshi米と、出来立てカレー。
おいしいに決まってるけど、本当においしーーーー!!!

楽しい時間。
おいしいごはん。

そりゃあ、お酒もすすみます。

ちなみに。
買出しのとき、なにを飲もうか、と悩んだのですが。
『家で1人で飲むときも、今日を思い出すように。』
と、大好きな上善にしました。

ぐび。

わいのわいの。

あはははは、ぐびぐびぐび。

やいのやいの。

おいしーー、ぐびぐびぐびぐび。

壊れゆくヒト。
風邪気味のヒト。
飲むヒト。
食べるヒト。

みんな、めっちゃ笑ってました。
その1人でいる、しあわせ。

無理な願いだとわかっていても。

思ってしまう、朝が来なければいいのに。

いろいろいっぱいしゃべった気がします。
笑いすぎてて、なにがなにやら、なかんじです。

しょうみ、酔いすぎてました。

まだ動けるうちに、テントへ戻らなきゃ。
ちょっーっと、やばい。

フラフラと、テントへ倒れこみ。
着の身着のまま、シュラフにもぐって。

ジッパーしまらん、布かんでる。
・・・・・・・・・・・・・・・・・知るか!!!!
もー、どーにでもなれぇ。

『終了のお知らせ』を日記に書いて、ばたんきゅう。

ああ。
KANさんの歌が聞こえる・・・・・・・・・・・・・・・。
うまいなぁ・・・・・・・・・・・・・ひーとみーをとーじ・・・・・・・・・ぐう。

9:00過ぎ、就寝。
文字通り、瞳閉じたら寝てしまいました。

前日から、ほとんど寝てなかったせいもあるけど。

早すぎ。

そして。
maniさんがいつテントに戻ったのかも気付かぬまま、朝を迎えるのでした。


次回予告:うねうねは、最高の笑顔で。
濱くんのカメラは、全てを写しますよ。

暑いくらいの晴れ、ときどき、香川キャンプツーレポ(四国上陸からキャンプ場まで。)

2008/10/15 (Wed) - 香川庵治キャンプツーリング。

参加者の方々のレポが、面白すぎておもしろすぎて。
リアルタイム更新を、今、見るとか。


笑いすぎた、ふーーーー・・・・・・・・・・・・ふう。


では。
どこまで書けるかわかりませんが、今日もあっぷ!!


9:30、高松港着。
わっくわっく。
四国、上陸です!!

四国上陸。

KANさん、ヤマモトさん、初めまして!!
ここが四国ですか、香川ですか!!

目の前に、台形の山が見える。
イメージでは、めっちゃ平らいトコだと思ってた。
でこぼこしてる四国に、まずびっくり。

真ん中に『本』とついている観覧車にも、びっくり。

早速出発です。
どこへ?

うどんへ!!!!

道行くヒトもびっくりする、カブとかスカブとかレブルとかの集団。
おじゃましてまーす。

スイスイと快走して、『池上製麺所』到着!!

・・・・・・・・・・・・・・・・人、行列。
有名なんですか?(素人発言)

で。
えーっと。

実は。
讃岐うどん、苦手でした!!!
かまたま、一番苦手でした!!!

でも、みんな「かまたまが一番おいしい!!」と言うので。
『苦手』と思うことが、そもそもイヤだし。
『苦手』なものがあることが、許せないし。
きっと、絶対、本場の本物は、違うに違いない!!

かまたま。
いただきます!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
一番先に食べ終わりました。

うまーーーーーーーーい!!!
今までのは、なんだったんだーーーー!!!!

『苦手』から、一気に『大好き』へ。
いいなー、香川の人はいいなー。

というわけで、いつもどーり写真なし。
食べることが好きなので、いっつも食べ終わってから気付きます。

次は、どこへ??

うどんアイスへ!!!

え?
うどんあいす??

道の駅・滝宮、到着。

道の駅ケロ●ン。

また注目を浴びる、カブとかスカブとかレブルとかの集団。
ガン見しすぎ、四国の方々。
写真まで撮ってます。
カフェカブ in うどんの国。

さてさて。
うどんアイスは、3種類。
さっぱり(一般向け):普通のうどん入りアイス。
純こってり(チャレンジャー向け):いりこだしとうどん入り。
超こってり(チャレンジャー向け):いりこ、かつおだし、うどん入り。

もちろん、超こってりで!!!

一同、ドン引き。

知るか!!
食べてみたいんだ!!!!

もぐ・・・・・・・・・・・・・・???
もぐもぐもぐ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ん??

アリじゃないでしょうか?

おいしいアイスのあとは、庵治町へ。
TSUTAYAで●カチュー借りて、予習はしてある、うんうん。

買出ししつつ、のんびり快走。

町役場前までみんなで来て、一旦解散。
集合時間まで、自由行動。
他の方々は、ロケ地めぐりとか、もっかい買出しとか。

さて。
どーーーーすっかな。

りんごさん「三次さん、どうします?」
三次「集合場所の防波堤で、ぼーっとしようかなって。」
りんごさん「じゃあ、僕も行きます。」

三次「そういえば、●カチュー、見た?」
りんごさん「いや。」

道なりに行ったら、防波堤。
と、2人で確認。

GO!!!

ぶいーーーーん。
ぶいーーーーーーーーーー・・・・・・・・・・ちょっ!!!!

り、りんご、そっち違う!!!!
ここ、曲がるんだってば!!!!

予習、大事。

とりあえず、追っかける。
追いつけるわけない。
だって、青いハンターだから。

りーんーーーーごーーーーー!!!
声も届かず。

左手の親指で、黄色いボタンを押す。
ホーンも届かず。

「お客様のおかけになった電話番号は・・・・・・・・。」
電波も届かず。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

戻ってくるまで、待っていよう。
もう、できることはなにもない。

数分後。

どーしたんですか?
と、りんごさんがやっと戻ってきた。

鉄拳制裁、心の中で。

今度こそ、防波堤へ向かいます。

あれ??
見たことある、カブが3台。

教授がここで釣りをしてるのは知ってたけど。
その両脇に停めてある、この、まさかの、え??!

タクトさん、マコトさん、どもーーー!!!!

合流するとは聞いていましたが、もう来られてたんですか!!!
なんだか、全然久しぶりなかんじがしない、不思議。

のんびり撮影開始。

あの、防波堤。

あの、防波堤。
ここをダッシュで走るとか、まずありえない。
そうそう、こうやって座るとこですよ。

海の先。

テトラポットも、海も、空も。
手を伸ばせば、そこにある風景。

てっぺんの先のそら。

てっぺんの先の、雲の向こうの、空のかなたへ。

撮影しつつ、教授さんの釣果を見に。
釣れてますかー??

ベラ、1匹。

釣れないキチ教授、でいいんじゃないかな、うん。

熊さんチームが、もうちょっとかかりそうなので。
カブとかチームは、先にキャンプ場に行くことになりました。

って。
自転車がある。
2台も。

すごすぎる。
二輪、すごい!!!

旅チャリかー。
エンジンついてて、申しわけないなぁ。

では、キャンプ場に向けて、出発!!!

10キロくらい、と聞いていたので、わくわく。
海沿いだもん、絶対景色いいし、楽しいし、たのし・・・・・・・・・・・・・。

アップダウンあるわ、くねくねあるわ、イヤァーーーーー!!!!
そういうことは、先に言ってよーーーー!!!!!

前を走るmaniさんを、必死で追いかける。

待ってーーーー!!!!
見えなくならないでーーーーー!!!!

・・・・・・・・・・うん、諦めよう。
景色も、追いつくことも。

50ccだもん、置いてかれてとうぜ・・・・・・・。

maniさんも、50だ!!!
やっぱ待ってーーーーー!!!!!

涙目になりつつ、ぎゃーぎゃー言いながら走る。
快走とか、どこへやら。
四国、でこぼこ、くねくね。

なんとかキャンプ場に到着。
の、前に。

ものすっごい急傾斜な坂を、下る恐怖。
だ、だから。
絶叫系は、ね、嫌いなんだって、うん・・・・・・・・・・・・。

タイヤが地面についてないような錯覚に、無言で発狂しながら。

浮いてる、きっと浮いてる。
カブもあたしも、もう、地面とはおさらばなんだ・・・・・。

なかば放心状態で、やっと到着。

ぐったり。

『明日ここを後にするまで、絶対にこの坂には近づかない。』
真っ先に誓いました。


キャンプのごはんや、夜の宴会は、次のレポにて。

次回予告:ごはんとおさけと終了のお知らせ。

真夜中から、ときどき、香川キャンプツー(四国上陸まで)。

2008/10/13 (Mon) - 香川庵治キャンプツーリング。

『キャンプ、行きませんか?』

そんなメールを、青いヒトから戴いたのが・・・・・・・・・・・。
いつだったけかな。

『行きます!!』

即答したはいいけど、どこに?

後日、『四国』という連絡が。

四国、え、しこくって四国!!?
まだ行ったことのない四国!!!

先月、やっと乗り始めて半年、だったのに。
最近、なんだかいろいろいっぱいありすぎる!!
すごいなぁ!!!

・・・・・・・・・・・・・・いいんだろうか、こんなんで。

そんなカケラ程の不安なんて、どこへやら。
わくわくしすぎて、楽しすぎて。

なので。
レポはゆっくり、長めに、書かせていただきます。

それでは、ドゾー!!


出発前日(10/11)。
準備を5:00までに終わらせて、早めの就寝予定で動く。
の、はずが。
まったく予定どーりにいかず、無就寝で悶々と布団の中。

そんな夜に、濱くんからのメール。
なんだよう。
濱『何時にこっちでるんすか?』

・・・・・・・・・・・・・むうん。

三次『1:00だよ』

そういえば、濱くんはなにで来るんだろう。

濱『じゃあ僕も50なんでそんくらいにでますわぁ』

え。
スクーターで来るのか!!
頑張るなぁ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・寝てられん!!

仕度再開。

お手回り品を、キュッキュとハコに詰めて。
あーでもない、こーでもない、と、シュラフとマット積んで。

あ。
イスない。
もーいっか。

着込んで、軍手2枚装備して。
日付も変った、よし、行くか!!

10/12、0:57、出発!!
キャンプいってきます!!


R170

R25

給油、ふー。
さむいなー、さっむいなー、さむいってばー!!!

R43

ん?
けっこう、めっちゃ空いてる!!
でも、のんびり走行~♪

R2

3:08、集合場所『ジャンボフェリー乗り場』到着。

うんうん。
だれもいない。

集合時間・10/12、5:45発のフェリーに乗ること。

よしよし。
間に合った、まにあった。

さて、と。
寒いし、眠いし、お腹空いたし。

1人おにぎりの会。

ハコにいれっぱ、の、看板(?)。
年内なら、おにぎりさえあればどこでも開催可能!!
今日の参加者は、1人です!!!

もぐもぐ、さっむー!!!
ごくごく、ぷっはー!!!

よし。
次は切符購入!!!

フェリー切符。

たかまつ、わぁ・・・・・・・・・・・・・。
切符見ただけで、テンション上がる上がる。
あと、数時間後に!!!

もうすることがなくなったので、寝ようかどうしようか。
という時に。

濱くん、カブ丸さん、到着!!

・・・・・・・・・・・・・・・濱くんの嘘つき。
全然50ccじゃない白ナンバーのバイクじゃないか!!!
借り物だそうです、でけー。

カブ丸さんは、やっぱりどうしてもバイトが抜けられず。
涙の不参加。
ということは、見送り!?
わざわざ、ありがとうありがとう!!

チーム南大阪、異様に早い集合。

その後。
オツさん、maniさん、やんさん、到着。
切符買ったり、写真撮ったり。
おしくらまんじゅうという名の、どつきあいをしたり。

教授さん、到着。
hitoshiさん、到着。
きゃんさん、到着。

そろそろ乗船ですね。
これで全員・・・・・・・・・・・・・・あ。

りんごさんは?!!!
一番近いはずの、明石りんごは??!

遅刻常習犯だなー。

みんな、さっさと乗船。

乗船!!

なんだろう。
でっかい冷蔵庫の上に、鍋を載せた、銀色の二輪が。

客室にて。
座る場所、確保!!
ひろびろーーーー♪

りんご、まだこない。

出航数分前。

ちょ、りんご??!

財布がないだの、あっただの、で、りんごさん、到着。
ひやひやしました。
朝からやめてください。

安心したので、船内で撮影開始。

朝と夜の境界。

フェリーから見た、ポートライナー。

陸と島の、境界。
朝と夜の、境界。

デッキから朝日。

デッキから。
いい天気になりそう。
いい1日になりそう。

いや、なる。


明石海峡大橋。
明石海峡大橋。

橋の上の太陽。
この橋は、渡れないけど。
いつか、淡路島にも、絶対に!!

眠いのと、みんなと会えて嬉しいのと、で。
全員テンションおかしい。

というか。
濱くんとりんごさん、うるさい。

眠いのに。
眠 い の に ! !

何度もキレながら、頑張って寝ようと努力。

む?
静かになった。

薄目を開けてみると。

騒いでいた方々、就寝。
むしろ、爆睡。

・・・・・・・・・・・・・・・・・。
こうなる気はしてました。

うとうとして。
また起きて、しゃべって。

太陽がぐんぐん上がって上がって。

海の向こうには、いろんな島と。
そして。
四国と!!!

高松港が見えてきました。
わくわくもぐんぐん上がって上がって上がりすぎて、あれ?

港のはしっこに、だれかいます。
あのお二方は、どなたですか?

オツさん「KANさんや!!」

おお!!
あの方が!!!
ヤマモトさんも、ですか!!!

おーーーい♪♪

みんなで手を振ります。

おおーーーい!!!

手を振り返してくれます。
嬉しいー!!!!
うれしーーー・・・・・・・・・・直後、フイタ。

KANさん、ヤマモトさんの、エグ●イル!!!
縦に並んで、腕をウネウネウネ。

船上の一同、大爆笑!!!!
すごい、息ピッタリ、カンペキ!!!!
四国、いきなりの好印象。

こうして。
あたしたちは、香川にあたたかく迎えられました。

KANさん、ヤマモトさん。
その節はありがとうございました!!


今日のレポは、ここまで。

次回予告:実はちょっと苦手だった。


PREV PAGE HOME NEXT PAGE

 
ジコ紹介。

HN:
三次
性別:
女性
自己紹介:
非喫煙者。
でもチェリーはスキ。

愛車(リトルカブ・FI)はZiggy。

太陽暦。

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

予定は未定。

道の先は、未知の先。

走るなら、さらに、その先まで。

ニンニンなんにん。

先客万雷。

ご当地フォルムカード

ご出身は、どちらですか?

最即コメンつ。

[07/12 hitosh]
[07/02 suteki* ]
[05/10 三次]
[05/08 だてりんご]
[04/22 三次]

最速トラック。
明日、ときどき。

晴れたらいいね。 雨でもいいね。

探しMONOはナンですか?

OTHERS
Designed by TABLE ENOCH
Powered by [PR]